FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッときたもの2018

いつも
みにきてくれる方ありがとうございます。
半年前にも一回まとめましたが
それも踏まえて
この1年間を振り返って恒例の個人的にグッときたものを発表したいと思います。

「岡崎に捧ぐ」山本さほ 著 (漫画)全5巻
今年ついに完結し最終5巻が出た。
笑って泣ける。そしてゲームあるあるも良い。
ムラタクと原口さんの行く末に超衝撃グッときた!


「ゼノブレイド2」(ゲームソフト)
まだ未クリアなので、これは今年いれるかどうか迷った。
第八話までプレイした手ごたえとしては、超面白い。
発売日に買わなくてすみませんでしたと任天堂に平謝りしたい。
ブレイドとの関係そして500年前のできごと等々グッとくる場面が多々ある。
続きが気になってしょうがない。早く「黄金の国イーラ」やりたい。


「義母と娘のブルース」(ドラマ)
笑いと泣きのバランスがちょうど良かった。
前半、全く意味の分からなかった佐藤健の存在が、ラスト1話前で一気に義母娘と
繋がる 伏線回収にグッときた。


「スロウハイツの神様」辻村深月著(小説)
上巻はなんてことない感じだったのだが、下巻のからの伏線回収がすばらしい。
参った...最終章で涙ぐんでしまった。
正義の名言、「あらゆる物語のテーマは結局愛だよね」ってことだった。
辻村ブランドにはずれなし。


「ベヨネッタ ∞CLIMAX EDITION」(ゲームソフト)
ベヨネッタ1、2のスイッチ版ソフトのセット。
スタイリッシュで粋なせりふ、派手なアクション
とゲーム的にも完成度高い。めちゃくちゃおもしろかった。
ベヨネッタ1→ベヨネッタ2→ベヨネッタ1→ベヨネッタ2(以下無限繰り返しが続く)
というストーリー構成もまとまってて良かった。
3がどうくるのか楽しみ!!


それでは皆様よいお年をお迎えください!

スポンサーサイト

一発屋芸人列伝

本年25冊目「一発屋芸人列伝」 山田ルイ53世著
買って読む。

髭男爵の山田ルイ53世が書いているのだが文章がウマイ。
特に比喩がうまいと思う。読ませる。
8点(10点満点中)

今年は1年で50冊読むという気概だったのだがやはり25冊が限界っぽい。

告白

本年24冊目「告白」
文庫で再読する。

10年ぶりくらいに読んだのだが、めちゃくちゃ面白かった。引きがすごくて一気読みだった。
あの結末は好きだなぁ~。
10点(10点満点中)さすがの湊かなえ!

ない仕事の作り方

本年23冊目「「ない仕事」の作り方」 みうらじゅん著
買って読む。

苦しいことや嫌なことに対して~プレイや~ブームつけると逆境がポップになって気が楽になる。
自分洗脳が大事.。おもしろかった。
8点(10点満点中)

スマホを落としただけなのに

本年22冊目「スマホを落としただけなのに」 志駕 晃著
買って読む。

三者それぞれの視点で物語はすすむ。
次どうなる感が強くて吸引力強かった。
着地はいまいち感。

8点(10点満点中)映画版はエロ要素マイルドになってる?かな?そのままだったら、かなりすごい。
プロフィール

Kちゃんrx078

Author:Kちゃんrx078
わりと語れるもの
ガンダム、80年代サンライズリアルロボ、週刊少年ジャンプ、90年代前半のTVドラマ、辻仁成、ECHOES、森高千里、Mr.Children、岩井俊二の映画、TVゲーム、湊かなえ、リラックマ、こまねこ、モフィ、グミキャンディ。

見てるTV番組
anone、君が心に棲みついた、ワイドナショー、かりそめ天国、そこまで言って委員会NP、アメトーク、水曜日のダウンタウン、仮面ライダービルド、ルパレンVSパトレン、ポケモンの家集まる?、にけつ、NGT48のにいがったフレンド。

買ってる雑誌
週刊少年ジャンプ、TVBross、ファミ通、ホビージャパン、ガンダムエース、グレートメカニックG。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。